webでお絵かき

アクセスカウンタ

zoom RSS 空を描く

<<   作成日時 : 2008/05/25 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

空を描くのが好きです。
これはペン画の時も同じ。
トーンとか、削りまくって、空を描く。
流れる雲の色、空気の暖かさ、風の爽やかさ。
そんなものを、出来る限りイメージして、
一生懸命、絵に注ぎ込む。
そんな作業。
 
PCで色を付ける作業が多くなって。
そうすると、逆に色に囚われて。
空って、ちっとも同じ色じゃいてくれない。
季節、時刻、お天気。
絶望的な空も、未来を象徴するような空も、
すべてが、描き手の力量で表現出来る。
それはペン画の時も同じだけれど、
色が付いていた方が、一般的には伝わりやすいから。
そして、もうペン画を描けるほどの細かい作業が出来ないから。
色の付いた、モニターの中で空を描く。
 
逃げているのかな?
そうかもしれない。
でも、現実は残酷だ。
病気で動かなくなった手は、元には戻らないから。
でも、描きたい欲求はあるから。
 
そして、気付いたら、空を描いている。
 
フォトショ開いて、画像サイズを決めて。
グラデーションツールで、大まかな色を決める。
 
画像


新しくレイヤーを作って、
雲の色を、大まかに決めて、エアブラシツールで描く。
時々、透明度やブラシサイズを変えたりもする。

画像


そのままずっと、ずっと、続けて同じ作業をする。

描きすぎたら、消しゴムツールで消していく。
べったり消すんじゃなくて。
ブラシツールで描くのと似たような感覚で。

画像


ある程度形が整ったら、今度は指先ツールで流れを出す。
どっちから、どっちへ風がながれているのか。
イメージは大切。
目を閉じて。
描きたい空を思い浮かべる。
今、描きたいのは、少し夕暮れ近くなった空。
だから、静かに夜を待つように。
あかね色にはまだ遠い、これから変わる空。
帰路を急ぐ子供が駆けるように、動く雲。

画像


どんどん、指で色を動かしていく。
時々消しゴムツールで消したり、ブラシツールで色を足したり。
自分が満足するまで、どんどん描いていく。
何時間でも、何日でも、かかって構わない。
マウスの裏が磨り減ったりもするけれど、描いていく。

レイヤーを足して。
雲の上に、違う色を乗せていく。
もっと深く。
もっと高く。
もっと、もっと、イメージに近く・・・・・・・。

レイヤーを足して。
雲の下に、もっと色を置いていく。
肝心なのはレイヤーの枚数じゃない。
どう、色を表現するかだ。
指先ツール使ったり、
場合によっては焼き込みツールや覆い焼きツールも使う。
だから、案外レイヤーは少ないかもしれない。

空によっては、もの凄い枚数になったりもする。

・・・気にしない。
描きたい物を、描きたいように描く。
それでいいと思う。

そして、私の空は出来上がる。


画像



他の人が、どんな風に描いているのかなんて、知らない。
もっと色んなテクニックがあるのかも知れない。
もっと、きちんとした方法があるのかも知れない。
でも。
マニュアルとか、全然見ず、
使って使って、結局この方法で描くようになった私には、
これが一番、あっているのかも知れない。
簡単だしね(=^-^=)

これはまだ、未完成かもね。
記事用に描いたから。


空って、どうやって描くんですか?


そう聞かれたから。
でもね。
好きなように描いていいんだと思う。
私もそうしている。
自分が思ったとおりに。
時々は、客観的に眺めて。
それでも、最終的にはやっぱり、思ったように描けばいい。

きっと、絵なんてそんなもの。

人生も、同じだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは☆

なるほどー・・と作業工程を穴が開きそうなくらい
拝見させて頂きました☆
あの綺麗な画像の数々はこうやって仕上げられて
たのですね。

私に足りないのは技術もさることながら、
”根気”かなぁ〜とも思いました★
参考にさせて頂きます〜♪
みおう
URL
2008/05/26 11:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空を描く webでお絵かき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる