webでお絵かき

アクセスカウンタ

zoom RSS 構図とか技術とかの考察or見解

<<   作成日時 : 2009/01/24 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うむ。
イラスト書いてると、年中壁にぶつかるもんだ。
特にPCだと。
因みに。
関係ないけど「こうさつ」と打つと第一候補に「絞殺」と出る私の変換も、
非常に悩ましい壁ですだorz
 
 
・・・一体日頃、どんな変換してんだよw


それはともかく。
話を戻して。
絵なんてさ、壁に当たらないと上手くならないから、
どんどん当たるべきだと思うワケ。
ところが。
逆の人がいるんだよなー。
「出来なーいヽ(`Д´)ノ」
って、投げちゃったり、誤魔化したりね。
や、人のコトは言えないんですけどもがー。
それは才能の問題じゃなくて、単純に努力の問題だから、
自己解決出来るんだよね。
才能ってのは、努力したら簡単に出来るってコトを差すんだな。
かなり頑張って努力しないと「描けない」のが普通人。
更にもっともっと頑張らないと「描けない」のは、不器用人。
(武器要人・・・と変換したorz)
それだけの話。

私はものすごい不器用で、人の何倍もやらないと、
人と同じレベルにならないタイプなので、
そりゃあ「昔」頑張ったさw
お陰でなんとか、普通の下手人レベルまで来ました(ぉ

どれぐらい頑張ったかって言うと、
「手が描けない」と思ったら、
いちにち100回手を描く。
そんなノルマを課しました。
毎日、事情がない限り、休まない。
一ヶ月続ける。
納得出来るまで続ける。
そんなカンジ。

ただね、この方法は限界がある。
特に「同人イラスト」なんてのは、いくらでも誤魔化しが効くから。
なので、「漫画」を頑張って描いた。
これ、結構効果有る。
物語を描くには、逃げられない部分がどうしても出てくるから。

状況説明には、必ず背景を描かなくちゃならない。
背景抜きのバストショットだけでは、絶対に物語は進まないから。
構図も同じ。
本当に上手な人と下手な人を見分けるには、構図を見ればいい。
真横からしか描けない人は、あまり上手じゃないし、
遠近感も出せない人が多い。
上からや下からの構図が描けないとダメ。
ま、プロにも構図取れない人が結構いるからアレなんですけどもw

イラストだけで限界を感じている人は、
漫画、描くといいよ。
背景の構図は取れても、人体の構図って難しいから。
その練習には、漫画は最適だと思う。
・・・・・逃げるのも簡単ですけどね(苦笑)
らくがき程度でも。
毎日やってると、随分違うと思うし。
ビミョウに上から、とか。
下から、とか。
ホント、シーンなんて様々だから、全部描けるに越したことはないし。
画像

間違えてはイケナイのは。
人それぞれ、デフォルメの仕方が違うこと。
自分の感覚に合わないからと言って、他人をデッサン崩れ扱いするのはナンセンス。
あきらかにデッサン狂っている場合は別として。
「デッサン力無いなー」って思っている人を、
他の人は「デッサン力有るなー」って評価することもある。
漫画とかは特に。
リアルデッサンと同じように描くと、
とてもじゃないけど見られない。
・・・劇画ならともかく。
ある程度はデフォルメが必要なんだもの。
そのデフォルメの仕方の感覚の差異で、
他人を「デッサン無い人」扱いしちゃダメだし。

「なんちゃってパース」でも。
描いたモン勝ち。
見てくれた人が、対象をちゃんと捉えられたら、
それは「成功」と見ていいと思う。

技術ってのは。
ダラダラ描いたらダメだけど、
きちんと考えながら描いてたら、いつかは身につくのだと思う。
今、「描けない」と思っていても。
ちゃんと描いていくのをサボらなければ。
そのうち描ける様になる。
そう思う。

肝心なのは。
構図を取ることを諦めないコト。
絶えず研鑽するコト。
進歩するのを止めないコト。

頑張ったら、自分の見返りは必ずある。

だから。
自分の絵を冷静に分析して、
他人の意見に惑わされず、他人の意見を客観的に捉える思考と目を養うコト。
それが、大事なんじゃないかな?

自分が上手いって思ったら。
そこで、その絵師は終わる。

人を見下さないこと。
自分の絵を第三者の目で捕らえること。
自分の絵柄や、進みたい方向を見定めるコト。
いつでも、感性を研ぎ澄ますこと。

たぶん。
それで、きっといいはず。
頑張れ、私と、同士たち。
趣味の範囲でも、プロ目指しているレベルの人でも。
下手でいいって理屈はないから。
上手に越したことはないから。
頑張って、さらにな上を目指そうぜっ♪

ふぁいとぅ!!☆☆☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
構図とか技術とかの考察or見解 webでお絵かき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる