webでお絵かき

アクセスカウンタ

zoom RSS CMYKって何ですか?

<<   作成日時 : 2010/01/27 18:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

今更な話なんですが。
先日、デジタル入稿をしようとして、入稿方法を見ると、
『画像のカラーモードはRGBではなく、CMYKで制作してください。』
ってあったんですね。
まぁRGBとCMYKは大まかにわかっていたのだけど、
この際なのでちゃんと調べてみました。

【↓参考↓】
CMYK(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/CMYK

三色の色+黒で、全ての色を再現してしまう規格。
インクジェットプリンタでも、この形式で色が別れています。
一色でも欠けると、とんでもない色が出るという(笑;)
気付かず調子こいて複数印刷していた時には・・・泣けるよね(^_^;)

色というのは、基本、三原色で構成されています。
この「三原色」、よく混同されるんですが、
「光の三原色」と「色の三原色」とがあります。
一見違いがわからないんですが、実は大元から違う。
一番顕著なのは、全混色。
色の三原色RGB(赤・緑・青)を同比率で混ぜると、濃いグレーになりますが、
光の三原色を同比率で混ぜると、白(無色透明)になります。
舞台照明のスポットライトで、重なったところが白くなるのはこのため。
色というのは可視の波長で認識されるので、
それを利用して作っているワケです。
ただの光をプリズムで分けると七色に別れるのは、波長を区切るから。
それを塗料にしてしまうと、どうしてもムリ(非回復)があり、
混色すると濁るんですよね。

CMYKは、混色して比較的近い色を出そうとした結果なのです。
なので一般印刷物は、RGB(赤・緑・青)ではなく、
着色混色に適したCMYKを採用しているんですね。
CMYKとは、シアン(緑青、碧)・マゼンタ(赤紫、紅)・イエロー(黄)と、
これらで再現しきれないキー(key・黒)の略称です。
私は以前、KはKuroのKかと思っていたのですが違いました(.;´;_ゝ;`:,)
やー、Blueと区分けするためかと思っていたw
よく考えたら、日本語のワケがないんですが(爆)
黒の場合はBk(ブラック)と表記するようです・・・orz

で。
ここからが本題。
私が使っている画像ソフトはAdobe Photoshop Elements6.0。
Adobe Photoshopシリーズでは比較的安価で、
素人が使う分にはさして問題がありませんが、
実はナゼかCMYKモードがないi|||i_| ̄|○i|||i
つまり、PhotoShopで描いた絵を入稿しようとすると、
別ソフトの変換で、CMYKにしないとダメなんですね。
PCのモニターはRGBで構成されているため、
webで使う絵はRGBでアップするのが普通です。
その方が発色や色の再現率がいいし。
モチロン、モニターの設定や質によって多少の誤差はありますが。
プリントの場合、そのままのRGBで入稿してしまうと、
塗りの具合によっては、かなり悲惨なことになります。
特にグラデーションやパステル調、蛍光色調などは・・・。

--------------------------脱線ココから--------------------------
あ。
ちょっと脱線するけど、モニターのキャリブレーションはした方がいいよ。
モニターのカラー調整と、プリンタの調整をして、CMYKでプリントすると、
多分誤差が少なくなると思う。
(カラーマッチング)
印刷した時に「色が違うなぁ・・・」ってなるのは、
それぞれに誤差があるためです。
調整する道具もあるのですが、かなりお高いので、
お仕事でない方は、webで簡易補正するぐらいでいいかと。
検索したら、↓このような説明サイトが沢山あります。

http://www47.tok2.com/home/freestyle/check.htm
http://www.brucelindbloom.com/

【検索ワード】
モニター色調整・キャリブレーション・カラーマッチング・ディスプレイ色調整・等々・・・。

まぁ人間の色認識力は錐体細胞に個体差があって、
誰もが同じ色に見えているワケでもないのですが。
「大体同じ」ってコトですよね。
色覚異常を語るまでもなく、実は男女差もあるし。
なので詳しく知りたい方は、独自で調べて下さいね♪
(と、放置プレイにしてゴメン☆)

--------------------------脱線ココまで--------------------------

で、話は元に戻るけど、CMYKにする必要が生じたワケです。
何せ今まで「プリント」に関心がなかった( ̄◇ ̄;)ッグハ
まさかココで躓くとはっ☆

取り敢えず描いた絵を保存して。
手持ちのソフトを片っ端から試してみます。

AzPainter2 ×
Pixia 4.2b ×
Adobe Illustrator 7.0 ○
sai ×

この間ShadeをInstallするのに、PCの容量が足らず、
根こそぎ使わなくなった画像ソフトを削除したのが裏目に出ましたorz
フリーの変換ソフトも、探せばあるんですが、
描いて訂正しながらとなると、機能に不安が残る。
Illustrator7.0は、昔もらったもの。
コレ、入れてるけど、使えない。
と言うか、実は使い方がよくわからない。
前に何度も書いたけど、ベジェツールは本当に苦手なのです。
で。
あれこれ考えてて。
そー言えば、ちょっと前に体験版を入れたIllustStudioがあったなーと思い出し。
それを使ってみたら・・・ヽ(´ー`)ノ変換できる♪
これはいいわ、と、設定してみました。
dpi設定も出来るし、Photoshop Elementsにはないパスツールもある。
使い勝手も、直感的でまずまず。
無事、入稿できましたとさ。
IllustStudioは正式に買おう。うん。
比較的安価だし。
原稿楽に出来るし。
・・・コミスタ高くて買えないし(ぉぃ

しかし。
まさかこんなトコロで躓くとは。
2日も費やしたよ・・・_ノ乙(、ン、)_

因みに。
CMYKをCYMKと覚え間違いしていたのはナイショ♪
何を入稿したのかは、また後日談で。。。







IllustStudio パッケージ版
セルシス
2009-05-29


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オリジナルグッズの製作と販売についての考察など。
ふむ。 不況である。 そして、ビンボである(;ω;)ブワッ だから・・・色々考える。 労働は必要である。 不労所得は望むところだけど、私は働かないとダメになるタイプなので、 自分に出来る最大のことを考える。   で、安易にオリジナルグッズなど作ってみたり(爆)   気にしてはイカン。 私は、元々同人屋だ。(廃業中) 同人ってのは、様々なグッズを作って売ったりする。 同人本だけではないのダ。 ヘタしたら、グッズ売った粗利で本を出す赤字を埋めてたりするのだw  ... ...続きを見る
webでお絵かき
2010/02/02 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CMYKって何ですか? webでお絵かき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる