俳画などを少々

いつもPCでばっかり、絵を描いているワケではなくて。
アナログも描くのです、ワタクシ☆
で、展示会に出していた絵が、戻ってきましたので、
ちょっとお目汚しですが、載せてみました(f(^_^;)
絵手紙なので、原紙は葉書サイズです。

画像


これは牡丹の花。
左上が不自然に白いのは、雅号が入っているのを意図的に消したから☆
気にしないでください(汗;)

画像


コチラは、落ち椿。
先生がかなり手を入れてくださったお陰で、
ボツから免れたシロモノ(苦笑)
これも、左上の署名は消し、雅号印は細工しちゃいましたm(_ _;)m

・・・・・恥ずかしいので☆


俳画は「画仙紙」を使って描くため、
どうしてもスキャナ読み込みに弱い。
しかも、顔彩はRGB分解に弱く、web上での発色が悪いので、
すこし濁った色に見えますね。
実際はもう少し、鮮やかです(言い訳★)

描くのって、やっぱり楽しいので。
絵心無くても、あった先生の元につけば、何とかなります。
なので、本格的・・・じゃなくても、サークル活動とか、
趣味的に始めてみるのも、いいかもしれませんよ?



はじめての絵手紙百科―基本からよくわかる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月18日 21:50
おお!すばらしい!最近大人の塗り絵とか、絵心をくすぐるようなものが流行ってますね。色を塗る作業、集中して描くことが脳に良いそうです。絵を描くの楽しいですよね
柴成
2006年02月19日 09:17
makinoサン、いらっしゃいませ♪
大人の塗り絵って、面白そうですよね!
でも、やり始めると、はまりそう(爆)
俳画はもう、何年も習っているので、そろそろモノになってくれないと(遠い目~・・・
呆け予防に、もう少し絵を描いた方がいいかしら(爆)

この記事へのトラックバック