プラスとマイナスの呪文

絵を描く。
自分の実力のなさに、愕然とする。
それは、どうしようもない事実。
そして。
「コレが描けない」って思うコトも多々ある。
それも、現実。
でも、乗り越えられない現実じゃない。
 
「描けないモン」
「ヘタだから」
「難しいんだもん」
 
こんな言葉、どれだけ聞いてきた?
こんな言葉、どれだけ言ってきた?
 
最近思う。
そんなマイナスの言葉は、自分の実力を伸ばすのに邪魔なだけだ。
言葉の呪によって、萎縮し閉じこめられて、伸びるのは止まる。
だから。
今現在の事実認識は必要だけれども、
マイナスイメージを内包してはダメだ。
 
上を見て。
手を伸ばして。
力の限り、這い上がる。
 
「描けないものなんか、ない」
「いつかきっと、描いてみせる」
 
そう言っていこう。
その言葉が、伸びる呪文になる。
戦う相手は、上手な人じゃない。
自分の中のコンプレックスだ。
 
「大丈夫、頑張れる」
 
そう思うコトは大切だ。
急がなくてもいい。
慌てなくてもいい。
自分のペースで、伸びていけばいい。
日陰のタンポポに、真夏のひまわりを求めても意味がない。
ひまわりはひまわり、タンポポはタンポポの良さがある。
そう言うコトなんだ。
 
自分の中の、マイナス魔法使いに呪文をかけさせない。
プラスの魔法使いを呼び出して、呪文をかければいい。
ただし。
意味のないプラスはダメ。
 
「やらないだけで、やれば出来るんだからねっ!」
 
そう言いつつ、何もしないのは、出来ないのとおんなじだ。
そう言うのなら、やって、出来るのを証明する必要がある。
やれば出来ると思っていても、実際やってみたら出来ないコトなんて、
山のように、不法投棄品のように、掃いて捨てるほどある。
プラスも、使い方を間違えちゃダメだ。
描けないのを誤魔化す為に、描くのを止めた人を大勢見てきた。
描ける絵だけ描いている人も、大勢見てきた。
それも、自分を伸ばす方向ならば救われるけれど、
逃げる方向では、哀しすぎる。
 
誰しも、プラスとマイナスは併せ持っている。
私も、コンプレックスの固まりだ。
それでも、描いていく。
描けないモノは何度でも、挑戦する。
ヘタと罵られても。
才能無いと嘲笑われても。
今まで、何度見下されたかしれない。
それでも、描いてきた。
だから、今の私がある。
そして、まだまだ伸びる余地がある。
頑張るコトが出来る。
 
描かなければ、伸びない。
描かなければ、欠点も見えない。
 
プラスの呪文と、マイナスの呪文、
必要な時に、必要な方を唱える。
それがいい。
 
きっと、頑張れる。
もっと、伸びるコトが出来る。
そして、描く事が好きだから。
まだ、伝えたいことがあるから。
 
やっぱり、練習するんだよね・・・。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック