Firefoxのパスワードマネージャーが壊れた件。

ちょっと前にも書いたけど。
入院してたんですよ、少しの間。
緊急で入院ったので、PCとか付けっぱなしで数日経っちゃったんですよ。
出所したら(退院だってば☆)、なにやら火狐の挙動が不審。
再起動して。
Firefox起動して。
いつものサイトに入ろうとして・・・・・・パスワードが出ないコトに気付く。
前のアップデートの折、パスワードが勝手にソートされて、
メチャメチャ順不同になって困ってたんですが、
今度はブランク。
オプションの保存パスワード見ても、なーんにもない∑( ̄□ ̄;)
その時は時間が無くて。
パスワードは頭に入っているので、それでログイン&新たに保存。
 
翌日、原因を調べてみた。
くぐりくぐりぐりぐりぐぐる。
 
どーやら、監禁されている(をぃ)間に、火狐がアップデートされてて、
それに不具合があったらしい。
で、火狐のバージョンを見てみる。
『Firefox バージョン3.0.3』
不具合のあったのは、3.0.2のハズ(´・ω・`)
あれ?

3.0.2のパスワード不具合は、文字コードにあったらしい。
<参考/Firefox 3
パスワードファイルsignons3.txtが、何らかの原因で文字化けして、
読み込めなくなっている・・・と。
S-JISになってしまったファイルを、UTF-8で開いて保存し直してやればいいらしい。
(↑実行するなら、自己責任で。要バックアップ。当方責任負いませんです。)
しかし。
ファイル開いてみても、前日に保存したパスワードしかない
むむむむ????(T^T)
 
留守中の経過を考えてみる。

3.0.1→3.0.2→3.0.3にアップデートされている。
3.0.1(不具合)→3.0.2(めっちゃ不具合)→3.0.3(不具合修正)
3.0.1(在宅時)→3.0.2(留守中)→3.0.3(帰宅時)

ここから見えてくる回答。

1)微妙な不具合のあった3.0.1。
2)留守中に3.0.2に自動更新、パスワード文字化け。
3)留守中に3.0.3に自動更新、パスワード不具合修正。
 
つまり。
不具合があって、文字化けたまま、修正分もアップデートされてしまった。
そして、その時点で気付いていれば回復出来たsignons3.txtを、
気付かずにワザワザ上書きして、
白紙に近い状態にしてしまったワケだ

ふ・・・ふ~んだ・・・な、泣かないんだからねっ!

コツコツ復帰させます。はい。
とにかくログインが多くて、パスワードマネージャーに頼り切っていたから、
それが敗因でもある気がするんですよね。
しかも、同じパスワードとか使ってるんならいいけど、
多頭飼いのメロやブログペットなどは、同じIDとパスワードが使えるはずもなく。
必然的に、大量のIDとパスワードを使うハメになってしまっているので。
記憶する限り、控えがある限り、再登録するしかないんだよなー。
で、まぁ。
今後、同じコトになってもイヤなので。
一応、「signons3.txt」はある程度保存出来たら、バックアップ取って。
あと、火狐のアドオンに「Password Exporter」と言う、
パスワード管理アドオンがあるので、それを導入。
二重にバックアップ取っておけば、後は何とかなるでしょぉ。
最悪、記憶とテキスト保存した控えがあるから、困らないし。
なんだかなぁ。
ホント、あちこちトラブってばっかり☆
こういうの、困っちゃうよねー。

そうそう。
最近ってば、サービス登録した時の登録確認メールって、
IDは書いてあるけど、パスワードって書いてないんだよねー。
セキュリティ上の問題かもしれないけど、
メールがあるから、それを見ればいいや♪
な~んて思っていたら、すっごい穴に落ちるトコだった。
控えてて、正解。
転ばぬ先の杖。
用心は、何重にもしていて、しすぎることはない。
そんな気さえ、してしまう今日この頃なのでした☆



ふと思い起こせば。。
前記事の、Qcam.exe切った状態だったのが、最大の敗因だよな。
前記事は、入院前の出来事で。
Qcam切ってなければ、自動更新はエラーで返ってきてたハズで。
うむむ。
運がない(。´Д⊂)グス



セキュリティかるた
翔泳社
日立システム「情報セキュリティブログ」
ユーザレビュー:
プレゼントに技術屋へ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック