デジカメ欲しい、の巻

お散歩写真部とか。
Flickrとか。
色んなトコロで、様々な方の写真を拝見するにつけ。
あゝ、いいカメラって羨ましいぞぅ(●´ω`●)
って、思い始めた矢先。
愛用のデジカメのバッテリーが充電しなくなって。
あら困ったわー、新しいの花王買おうかしら?
などと思い立って。
あちこちネットで物色してみたり。
 
・・・お出かけして、量販店とかカメラ屋さんを見て回ろうと思ったけど、
諸事情で出掛け損なったので、ネットウィンドウショッピング(笑;)

何度か書いてますが。
私は「頷きシャッター」とか言う悪癖があり。
いいカメラを持っても、本人の腕に問題があるので、
今までは、いいカメラとか、興味がなかったのダ☆

しかし。
最近よく撮るせいか。
はたまたケータイで撮ることの方が多いせいか。
或いは、構えず撮るせいなのか。
前より「頷かなく」なったんですよねー。
(ケータイでは、さすがに頷きにくいとか言う理由w)
それなら、もうちょっといいカメラ欲しいなーって。
そんな気になって。
今持っているデジカメは、最新のケータイより画素数が少ないし。
新しいのだったら、もっと凄いのが撮れるかもしれないとか、思ったりして。
↑↑↑
大いなる勘違い(爆)
 
電器店のチラシとか。
カメラ屋さんの折り込みとか。
穴が開くほど眺めてしまう、今日この頃なのです。

しかし。

世の中、そんなに甘くない。
調べれば調べるほど、ワケがわからなくなる道理。
一眼レフとか、全然わかりませんw
あれってさー、レンズ無いとダメなんだよね?
レンズキットってあるけど、説明読んでも、何が出来るレンズかわかんないorz
しかも。
ゴミが入ると大変とか何とか、書いてある。
ゴミ?
レンズの中に?
ファインダーに?
状況がまったく、わかりません。
ダメダメですねi|||i_| ̄|○i|||i

トコロで。
ファインダーってあまり、覗かない私に向いているカメラって、無いです。
はっきし言って。
↑↑↑
じゃ、どうやって撮ってるんだw
↓↓↓
つまり。
ファインダー覗くから、頷くんだわ☆
と、生体理論を鑑みて(←大きな間違い)、
「この辺」って、アタリを付けてシャッターを押し込む。

つまり。
私に限って言えば、「半押し」ってのは、あり得ない(マテ
いくらAF付いてても、全然ダメ。
いきなり、押し込んじゃうので、
シャッター(押し込める)速度の早い機種がいいのです。
今まで使ってたのは、早かったw
フツーのカメラを使ってる感覚に近い。
そんなヤツが、デジタル一眼レフの案内なんか、真剣に眺めてたりしたら、
「やめとけ。」
と、家族から白い目で見られること請け合いw
いや、まぢで。

・頷きシャッタークセがある。
・故に被写体をきちんと確認せずに撮る。
・AF使わず、いきなりシャッターを押し込む。

はて?
こんな私に使えるカメラって、何???( ̄◇ ̄;)ッグハ 
ましてや。
「綺麗に撮りたい」などと、夢見るヲトメ。
一眼レフを真剣に検討し始めて。



「持ち歩けんだろ?」



と、強烈な一撃を浴びて、挫折するのでした _| ̄|   ~○

や、そーなんだけどね。
通りすがりに、ぱしゃぱしゃやってるレベルだし。
ってか、悪癖直せよ、トカ。
せめて、ファインダー覗けるようになるとか。
もしくは、半押し覚えるとか。
あああ・・・基礎以下の基礎的部分に、障害がありすぎる(涙;

そして、家族が出した結論。


「カメラ趣味はやめとけ。」



あうあうヾ(。`Д´。)ノ
返す言葉が無かったのでした。
そーよそーよっ☆
まめに手入れなんて、出来ないもんw
バッグの中に放り込めるカメラが、いいんだもんっ(`Д´)

きっと。
年末商戦で。
紙のように薄くて持ち歩けるコンデジを買うに違いない。
そんな気がする、今の私なのでした凹○コテッ






<余談>

カメラって、難しいねぇ☆
用語すら、覚えられないよ(´Д`υ)
ホント、本格的にやっている人もだけど。
デジイチ使ってる方々、尊敬しますw
まぢで。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月25日 00:24
はじめまして柴成さん!
昨日からコメントしようか迷っていましたが、気楽にコメントします。私も柴成さんのこの1件後のブログにどなたかコメントしたように、コンデジであればLUMIXをデジ一であれば、可動式液晶モニター付きのパナソニックルミックスG1かソニーのα350をお奨めします。ファインダーを見なくても、色んなアングルで撮りやすいと思うからです。迅速さを求められる場面以外は、失敗しても取り直しは効くのですから、どんどん撮って腕を上げれば良いと思います。ご参考まで!

この記事へのトラックバック