絵を描くというコトの意味

素人だからね。
実際、好きだからに他ならないんだよね。
でも時々考えてしまう。

「下手なのに、どうして描くの?」

そう。
そこだ。
恥さらしながら、描いている。
知ってる。
自覚有る。
でもプロアマ問わず、絵描きなんて自己主張が強くって、
自己顕示欲が強くって、自分の絵を見てもらいたがる生き物で。
だから、誰かに見せずにはいられない。
その範囲が、そのヒトの環境と性格によって決まっちゃうんだけどね。

私は見せる相手が近くにいないし、出来れば色んな人に見せたいから、
こうしてオンラインに載っけてる。
自己主張が強いんだろうね。
もしかしたら、見知らぬ誰かが気に入ってくれるかもしれない。
そんな淡い期待を抱きつつね。

好きなことに対しては、ホントもう、労力を惜しまない。
らくがきだったら、ずっと一日中描いていられるかもしれない。
好きだというのは、そう言うことなんだと思う。

ただまぁ、「好き」だけでは済ませられない問題があって。
やっぱり「好き」なだけでは上達しないんだよね。
だから、時にはのたうち回りながら頭抱えて唸ったりする。
脳内イメージと現実のギャップは、それはそれはヒドイから。

描けないモノを泣きながら練習する姿なんて、とても見せられない。
他の人が思うより、ヒドイ姿だと思う。
そんなになりながらも、描く。
我ながら、呆れた姿だと思う。
醜い。

そして出来上がったものを表に出す。
そしていつも精一杯やって、次こそ一段ステップアップしていることを願う。
一段なんて、簡単に上がるはずもないけど。
少しずつでも、上がることを願う。

気付けば、もう長いこと絵を描いている。
全然上達しないけど。

時々、自分に問う。
こんなにまでして描く意味を。
頑張る意義を。
ツライのに、描く理由を。

でも答えは身近にあった。

こんな私でも、絵を描くことによって知り合えるヒトがいる。
それはとても、大切なこと。
絵を描かない私であれば、恐らくは巡り会わなかったヒト。
そんなヒトたち。

下手でも。
醜態でも。
苦しくて七転八倒してても。
巡り会えたこと、知り合えたことは奇跡だ。
それは頑張ったご褒美かもしれない。

好きだから描く。
オン・オフ関係なく、知り合えるヒトたちがいる。
それだけでも、描き続けてきた価値がある。
ましてや気に入って貰えたりすると、有頂天になる。
そしてこう思う。

やっぱり、絵を描いてて良かったな、と。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック