先生の主観による、美術の成績

なんだか。
ちょっと思い出したので。。。。。

柴成、小学生の頃は、絵の成績よかった。
それは、間違いない。
賞もたくさんもらったモンね。
でもその栄光は、そこで終わる。

中学からは全くダメ。
まず、カメなので、時間内に仕上がらない。
そして、すっごくよく言われた言葉がある。


「この色遣いはおかしい。」


自分的には、まっっったくおかしくなかったので、どこを訂正していいかわからなかった。
だから、未だに言われることがある。
「アンタの色遣いはおかしい」、と。

リンゴは赤く塗らなきゃいけないって、誰が決めたのよぅ☆
黄土色にオレンジ重ねたっていいじゃんっ(。>_<。)
そんな感じで、いっつも悩んで。

そしたら、昨年の暮れ。
俳画の先生が、こう仰ったの。
「先生の質が悪い」
と。
「アンタは伸びる時期に止められたんだね。」
とも。

つまり。
先生の教科書的指導の犠牲になっていたのだと。
確かに、小学生の時は、自由な色遣いが褒められていたのだ。
そして、中学生になってから、その子供っぽいといえる色彩感覚は、
受け入れられなかった。
そう言うこと。
俳画の先生は、褒めて伸ばしてくれる。
だから、何年も続けている。

だって、この色遣いは治らないんだもの。
(配色と組み合わせの問題もあるし。)
どこがおかしいのか、自分でわからないから。
おかしいとは言う先生も、どうしておかしいのかは、説明してくれなかったし。
だったら、私はこうなんだと、認めてくれるまで描くしかないし。
まぁ、未だに「変」だと言われるからには、認められる日は来ないのかも☆

そー言うわけで。
美術の点は、すこぶる悪かった。
版画とかになると、途端に点数が上がっていたから、
・・・・・やっぱ、なんだろうなぁ・・・・・_| ̄|○ |||

美術の時間を思い出してみて?
有名な画家や高名な画家は、その独自性が褒められるでしょう?
ふむ。
私にも、チャンスはあるだろうか?
(ないないない☆)
もう、手遅れか・・・・・・・(;_;)
だから。
先生に要望。
独創性の強い子供は、その方向性を間違わずに伸ばしてあげて欲しい。
もしかしたら。
和製ピカソやシャガールのようになれる子かもしれないから。
ユトリロや香月泰男みたいだと、ちょっと末恐ろしいけど(^_^;)

そして。
私の絵を見てくださる方へ。
少々色遣いが気に入らなくっても、こういう絵を描く人間なのだと。
好んでその色を使っているのだと。
容認&理解してください。
スルーでも構いませんので。

白黒のペン入れした絵なら、問題は少ないんだけど。
(問題無い、とは言わないケド・・・・。)
イラストに色付けちゃうし。
私は好んで、普通の絵も描くので。
デッサンとかスケッチも好きだし、
漫画だけじゃなく、水彩油彩ポップ俳画等々も好んで描くし。
だから、問題が山積するんだよねぇ。

ちょっと、思い出したので、つらつらと書いてみました。
コメント歓迎。
反論、オッケー。
タマには問題提起もしてみたかったのでしたっ(笑)

それにしても。
自由に描いていくのって、難しいですねぇ。。。。。



きたのじゅんこ 光と色のファンタジー 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック

"先生の主観による、美術の成績" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント