画力カウンター

Twitterのやり取りから、
ふと、上手下手の区分けラインはドコだろうかと考えた。
絵は見る人によっても違うし、立場によっても評価が変わる。
だから、絶対的な価値基準はないのだと思う。

ならばドラゴンボールで出てくる戦闘力がわかる機械(スカウター)みたいなの、
もしくは、ガイガーカウンターみたいなの、
絶対的基準で誰か作ってくれればいいのに。

などと考えたけれど。






自爆ネタすぎる(汗;






てゆーか、自虐以外の何ものでもない。
うははw


お正月からこっち、体調を崩していて。
や、まぁ体調が崩れているのはデフォルトなんだけど。
入院したり手術したりを繰り返し。
今、世の中は、地震や津波や原発で大変なことになっているというのに、
自分のことで精一杯だったりして。
何の協力も出来なくて_ノ乙(、ン、)_

動けないから、考えるんだよね。
自分に何が出来るのだろうかと。

私に出来ることは少ない。
で、結局絵を描こうと思うんだけど、
残念ながら両手が使い物になってない。
(ドクターストップ)
うーん(涙;

あとどれくらい絵を描いていられる時間が残されているのか、
まったく見当が付かないけれど、
それでも描いていたいと思った。
で、やっぱり自分のレベルを知りたいと思った。

他人が付けた評価なんて、本当は意味がないんだけれどね。

ピピピピピ・・・ピーン!
「あなたの画力は○○○です!」
とかって機械音声で言われて凹んだり舞い上がったり。
同じ人が描いても、その絵によって違ったりして。
遠い未来、そんなコトが起こったら。

絵かきには辛いけど、考えるだけなら、面白いなーと思った。


ぜったい反対運動とか起こる気がするけどねw







"画力カウンター" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント