テーマ:物語

【S】空が星を抱くように-4/4-

【全4P】 画像クリックで大きい絵がご覧いただけます。 こういう短編が受け入れられるのかどうか。 わからないのですが、私はこういうのを主に描くので。 敢えて載せてみました。 いかがでしたでしょうか? そして。 短編を描くのが苦手な方へ。 こういった描き方もあるのだという参考にでも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【S】バレンタイン事件  オマケ(後日譚)

【バレンタイン事件】〈後日譚/探偵の憂鬱〉 その日探偵は何度目かの溜息を吐いた。 彼の前には山のような菓子包みが、 開封済みと未開封とに分けられて堆く積まれていた。 通帳を開いてみる。 そこには決して少なくない預金残高が記されている・・・。 「ホワイトデーは大丈夫だけど。」 探偵の呟きに正面に座っていた相棒…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【S】バレンタイン事件5(解決編)

【バレンタイン事件】全五話です 『解決編』 「注射針の内出血は単に看護婦さんが下手だったせいでしょう。 ですが、治療が終わったはずなのに、治療途中の歯があるのは変です。 毒物は銀歯の下にあったのです。 それを知らない被害者が、 何の疑いもなくキャラメルを食べた為、銀歯が外れてしまった。 そう、外れやすく銀歯…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【S】バレンタイン事件4(推理編)

【バレンタイン事件】全五話です 『推理編』 美青年探偵は被害者の口の中を覗いていた。 「治療途中の歯が一本ありますね。腕には注射針による内出血の痕がありました。」 探偵の言葉に瀬山刑事が問う。 「それがどうかしたかね。」 応えて 「これは計画的な殺人です。 そして、彼に毒物を飲ませた犯人はあなたですね。」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【S】バレンタイン事件3(容疑者編)

【バレンタイン事件】全五話です 『容疑者編』 黒田の贈ったビターブラックと白木の贈ったキャラメルホワイト。 そのどちらにも毒物は混入されておらず、煙草とコーヒーからも検出されなかった。 杉田は白木の病院で前日、歯の治療をしており、 黒田の病院では同じく前日、風邪の為注射を打たれていた。 どちらの女性も、杉田が二股…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【S】バレンタイン事件2(捜査編)

【バレンタイン事件】-全五話です- 『捜査編』 瀬山刑事と木久知探偵が現場へ着いた時、あらかた現場検証は終わっていた。 被害者、杉田仁史は青酸化合物で毒殺されたらしかった。 現場にあったのは食べかけた二つのチョコレートと、 カップに半分残ったコーヒー。 そして、灰皿には数本の煙草。 TV、炬燵、ストーブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【S】バレンタイン事件1(事件編)

【バレンタイン事件】-全五話です- 『事件編』 杉田は二つのチョコレートを抱えていた。 一つは歯科医白木美枝のくれたキャラメルホワイトチョコ。 もう一つは内科医黒田玲世のくれたビターブラックチョコ。 二股をかけている彼は、その二つをのんびりとTVでも観ながら食べるつもりであった。 コーヒーを淹れ、TV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【S】簡易密室 -4/4-END

【全4P】 画像クリックで大きい絵がご覧いただけます。 お楽しみ戴けましたでしょうか? ・・・まぁ。 こーいう作品も過去にあったのだと、思ってください☆ 毎度毎度、ナローバンドの方、済みませぬm(_ _;)m このブログの宿命と思って、諦めて 受け入れていただけると…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やっと13話☆

ようやく、ブログ小説「日常を抱きしめて」の13話目がアップできました。 あああ。 なんて、カメ・・・・・☆ ネタは有るけど、書く時間がない。 ネタがないときもある。 考えてた話を、すっかり忘れてしまうこともある。 他のブログ書くのに忙しい。 書いたけど、ブログ用に成形し直す時間がない。 サーバーが重くて、アクセスできない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犯行予告・・・(ウソ♪)

バレンタインに、殺人事件を起こそうと計画中。 ・・・惨殺、絞殺、毒殺、撲殺、刺殺・・・完全犯罪って書いたら。 物騒だよねぇ(笑) 犯行計画って、難しい。元々行き当たりばったりで生きてるからねー(違っ☆) 最近はそんなことばっかり思案中。 知的犯行は、向いてないんだけど(爆) 絵が間に合えばね。 やってみようかと思うんだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

言い訳・・・・・・m(_ _;)m

【クリスマス チャイルド】言い訳 あとがきページっす☆ すみませ~ん。 もう、しません。(←ホントか???) ブログで漫画は重かったわ☆ 特に。。。ナローバンドの方、申し訳ございませぬ・・・・・・・・。 で。 縮小の加減で文字が見えにくいのも、 ゴメンなさいです。。。。。。。。。 この漫画は。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

【S】クリスマス チャイルド(1)

あなたの街にも    やって来るよ   夢を抱えた      クリスマスの子供達  窓の外を のぞいてごらん       聖夜を告げに         走っているよ   年に一度の     大切な時間を      誰もが幸せに        すごせるように …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【S】サンタさんにお願い(3)

クリスマス・イヴの夜更け。 老婦人は、ドアを軽く叩くような音で目を覚ましました。 気のせいかと思い、再び眠りにつこうとしたのですが、 なんだか気になって眠れません。 おじいさんを起こさないよう、そっとベッドをぬけて、 玄関のドアを開けました。 見えたのは、降りしきる雪と、見慣れた外の風景。 気の…
トラックバック:6
コメント:5

続きを読むread more

【S】サンタさんにお願い(2)

とても忙しい男性がいました。 本人が望んだわけではなく、たまたまそういう仕事に就いてしまっただけでした。 だから、周りに追いつこうと、一生懸命に働きすぎて、 この世に楽しいことがあると言うことも、忘れてしまっていました。 クリスマス・イヴの夜。 降りしきる雪の中。 足早に歩く歩道の上、自分だけが一人き…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

【S】サンタさんにお願い(1)

恋に仕事に疲れ切った女性がいました。 彼女はとても疲れていたので、 クリスマス・イヴに一緒に過ごす人がいないことに気付いたのが、 当日の朝でした。 仕事を終えて、夜遅くに帰途についた彼女。 街はクリスマス一色で淋しさは募るばかり。 「おねえさん、おねえさん♪」 くいくいと、コート…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more